BI/IM 最近の三つのポイント

1.概念一言表現

 これはIM養成研修の冒頭で使用する説明図です。(2016年度改訂版)

2.多様化対応

 現在はおよそすべての産業支援機関に加え、金融機関、一部の民間が「創業支援」に乗り出しています。そして、ノウハウ習得のためIM研修を受講しています。従って研修のあり方も様変わりしています。

3.産業創造師

 当初は産業支援施設における技術開発急成長型の事業創造をビジネス・インキュベーションと称し、そのための創業相談員がインキュベーション・マネジャーと呼ばれていましたが、地方創生に代弁される如く社会のニーズが変わり、今までに蓄積されたノウハウやネットワークを活かして地域課題を解決する人材と仕組みが最も必要となったため、産業創造師の明確化を図ることとしました。

シェアする